「小説・ファミリーオフィス銀座」第二話

小説・第ニ話 AGIボナパルト

第二話あらすじ。手術ロボ「ボナパルト」ファンドにリーダー栗原美雪が挑みます。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

ファミリーオフィス銀座メンバーと第二話に登場する人物の紹介です。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

万屋理事は幼馴染の長男のあやしい投資話について相談をします。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

ドバイでは医療機器展示会アラブヘルスが開催され長男が出席しています。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

半島北の独裁者は亡命し平壌からロシアに向かう列車に乗ります。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

カシュガルの独立宣言国家ではAGIボナパルトが誕生します。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

みやこ財団の地下で日本政府首脳参加の国土防衛会議が開催されています。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

伊勢信一郎はWSSPのボナパルトファンドについて言及します。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

一帯一路で経済圏拡大を目論む中国とそれに付け込みWSSPが仕掛ける独立国家を分析します。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

天鯱会理事会は二つの議題を取り上げます。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

理事長は蛸酢ホスピタルの資金調達方法を発表します。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

一つ目の議題は新病院用地に生産緑地を提案するものでした。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

蛸酢一杯はドバイで目にした東洋人女性が忘れられません。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

理事会は二つ目の議題に入ります。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

蛸酢理事長はボナパルトファンドの信頼性に疑問を抱きます。