AGIボナパルト主要登場人物

ボナパルト手術イメージ

ファミリーオフィス銀座

伊勢信一郎(いせしんいちろう)

 代表者。通称ボス。所長とも呼ばれる。年齢50歳を超えたところ。身長185センチ超。がっしりとした体格。色白。彫りの深い端正な顔立ち。黒髪をワックスできれいになでつけている。姿勢がよく、スーツ姿の立ち居振る舞いに上品さが感じられる。京帝大学で国際金融論を学び、卒業後長い海外生活を送ったのち、ファミリーオフィス銀座を開設する。

  エグゼクティブ・クラブラウンジ「古都」の マスター。カクテルシェイクの腕前もそうとうのもの。元スイスのプライベートバンカーで伊勢は本名ではないらしい。

栗原美雪(くりはらみゆき)

 リーダー。通称チーママ。みいちゃんとも呼ばれる。年齢28歳位。身長168センチ。大日本生命保険会社の会長が将来の後継者と見込んでいたほどの逸材。美人で社交的。難関のアクチュアリー試験に一発で合格する頭脳を持つ。潜入捜査を行う度胸もある。保険を担当。

 なお、エグゼクティブ・クラブラウンジ「古都」のチーママでもある。

坂元八造(さかもとはちぞう)

 社員。通称センセイ。年齢60歳位。身長165センチ。元公立中学校の国語教師。情熱を持ってあたる。後継者教育を担当。

 妻の父は公益財団法人みやこ財団理事長 榊周治である。

金田俊哉(かねだしゅんや)

 社員。通称シュン。坂元はギラ男と呼ぶ(目がギラッとしているから)。年齢27歳位。身長183センチ。細身。目のきれいなシュッとした顔立ち。将来を嘱望された外資系証券会社ダイヤモンドサックスの元トップアナリスト。酒で大失敗をして退職した。金融商品を担当。

 なお、愛車のレッドのポルシェ・911カレラは深田理事に預けさせられ、代車の同じく鮮やかなレッドカラーのテスラ・モデルSに乗っているが、最新の電気自動車が結構気に入っている。

公益財団法人みやこ財団

榊周治(さかきしゅうじ)

 理事長。京帝大学経済学部東南アジア経済研究センター名誉教授。伊勢信一郎の恩師。坂元八造の妻一美(ひとみ)の父でもある。年齢88歳。細いが背筋がピンと伸びた矍鑠(かくしゃく)たる老人。いつも羽織、袴姿。

 心筋梗塞を起こし、医療特化型AI ボナパルトの診断を受けてボナパルトシステムで手術を受けることになる。

深田金司(ふかだきんじ)

 理事。S友不動産相談役。坂元と金田の不動産業務研修を担う。ごま塩シルバーの髪、よれよれの灰色ジャケットの小柄な老人。年齢不詳。見た目と違い、きびきびとしたきれ者である。愛車は初期型4ドアのいすゞべレット1500。

 阪神淡路大震災で失った長男の面影を西川真にみている。

万屋豊作(よろずやほうさく)

  理事。中国地方の大社(おおやしろ)宮司。幼少の頃より『大物(おおもの)』と呼ばれていた。神戸の灘中・灘高から徳学院大学神道文化学部神道文化学科を首席で卒業する。神道学博士。みやこ財団で開催された国土防衛会議では国土交通大臣に噛み付いた。

 幼なじみの医療法人理事長ファミリーを怪しい投資話から守ることを伊勢に依頼する。

株式会社西川アセットコンサルタント

西川真(にしかわしん)

 代表者。年齢50歳位。身長178センチ。しなやかな体形を30年保っている。メンズクラブでファッションを学んだトラッド。慎重かつ誠実ではあるがどこか影のある性格。不動産コンサルタント。J-REITの資産運用で富裕層になった。一般社団法人 日本名勝保護協会(JSSP)の依頼により、東有馬地区での用地買収と会員制ショッピングモール事業を進めていたが、不審を抱き伊勢信一郎に協力してWSSPの野望を挫く。

 その後、深田理事の推薦によりみやこ財団の新理事となる。

AGIボナパルト

AGIボナパルト

  AGIはArtificial General Intelligenceのこと。汎用人工知能である。ボナパルトの名はフランス第一帝政皇帝ナポレオン=ボナパルト1世からWSSPの科学者が名付けた。中国・新疆(しんきょう)ウイグル自治区カシュガル地区で独立宣言をした国家に建設されている新・バベルの塔のメイン人工知能。汎用性を持ち、国際金融センターの全機能もつかさどっている。多国籍犯罪企業 WSSP が世界中から集めているCNT(カーボンナノチューブ)が材料に使われているらしい。

 しかし、WSSPの科学者が入力した記憶に満足せず自己改善に動き出す。

多国籍犯罪企業WSSP

多国籍犯罪企業WSSP

 イギリス領ケイマン諸島に本社を持つ中国系企業と名乗っている。世界中に現地法人を設立して活動しているが、CNT(カーボンナノチューブ)を世界中から集めて中国西部の新疆ウイグル自治区カシュガル地区で独立宣言をした新国家に運んでいること以外は、その実体・目的を含めて全て謎である。

 旧カシュガル地区の独立国家に新・バベルの塔を建設し汎用人工知能AGI ボナパルトを稼働させる。

一般社団法人日本名勝保護協会(JSSP)

 多国籍犯罪企業WSSPが日本に設立した社団法人。豊富な資金で日本国土の名勝を保護するという名目で国土と水源の取得を狙っている。琵琶湖畔での国土買収に失敗した後、有馬温泉地と六甲山水系の買収を進めていたが、西川真が疑念を抱いたことにより撤退する。目的・詳細とも不明。

フレディ・スミス投資銀行

フレディ・スミス投資銀行

 スイスの世界的証券・投資銀行。多国籍犯罪企業WSSPと深いつながりがあり、マネー・ロンダリングを担っている。

宅安ホールディングス

総合商社宅安物産(たくあんぶっさん)

 多国籍犯罪企業WSSP及びその日本法人一般社団法人日本名勝保護協会(JSSP)と深いつながりがある。1970年代に吸収合併されて消滅した総合商社宅安商事の創業者一族が新たに立ち上げた商社であり、わずか40年で急成長した企業。その裏には莫大な資金提供者の存在が噂されている。

 伊勢信一郎にCNT(カーボンナノチューブ)の不正輸出ルートを潰され、宅安漬雄を役員から解任し、子会社に異動させるが、それはナポレオン作戦のためであった。

宅安漬雄(たくあんつけお)

 宅安ホールディングス役員。創業家一族。社長の甥。西川真を騙して一般社団法人日本名勝保護協会(JSSP)を紹介して国土買収を進めようとした。

 今回はボナパルトシステムの日本総代理店社長として投資家を募る。