小説・第ニ話 AGIボナパルト

理事長は蛸酢ホスピタルの資金調達方法を発表します。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

一つ目の議題は新病院用地に生産緑地を提案するものでした。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

蛸酢一杯はドバイで目にした東洋人女性が忘れられません。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

理事会は二つ目の議題に入ります。

小説・第ニ話 AGIボナパルト

蛸酢理事長はボナパルトファンドの信頼性に疑問を抱きます。