小説・第ニ話 AGIボナパルト

コメダ珈琲店の小倉トースト

 社団医療法人天鯱会の定例理事会は毎月1回、朝食を取りながら行われています。応接会議室の長テーブルには蛸酢久里(たこすきゅうり)理事長を含め10名の理事とゲストが席についてナプキンを膝の上に乗せており、各自の ...

小説・第ニ話 AGIボナパルト

生産緑地のイメージ

 社団医療法人天鯱会の理事会は提案議題へと進み、不動産担当理事中抜一計(なかぬきいっけい)が立ち上がり発言します。

 中抜理事は大阪南部の泉州出身で本人は普通に喋っているつもりでもケンカしているようにしか ...

小説・第ニ話 AGIボナパルト

アバヤを着た女性

「しかしえがった、ええ女だっただがや。」と蛸酢一杯(たこすいっぱい)は頬を緩ませ大きなため息をつきました。

 医療法人天鯱会の理事会の真っ最中ですが、一杯は招待されたドバイのパーティーで見た女性のことが頭か ...

小説・第ニ話 AGIボナパルト

AGIボナパルトのイメージ

 社団医療法人天鯱会理事会は二つ目の提案議題に進み、財務担当理事堅威金路(かたいきんじ)が立ち上がり発言します。

「病院経営は近年厳しい状況が続いておりますが、本年の新型ブキャンウイルス感染症流行 ...