13.子息の留学

寄宿舎学校

「お湯の中に~も、こりゃ花がさくよ チョイナ チョイナ」と、帰宅して直ぐの浴室からかすれた歌声が聞こえてきます。
「この草津の湯の入浴剤は最高!」
「八造さん、きょうも機嫌良いわね。」と一美さんもうれしそうに夕食を温め直しました。

 八造は体を拭いたバスタオルを首に掛けたまま、缶ビールをグっと飲んで、
「あ~、生き返った!」と満足げです。
「おっ、ナスの煮浸しがあるじゃないか。」と見つつ、右手の人差し指ですでにもう一缶開けています。

「お仕事はどうです。きつくない?」と、一美さんが問いかけます。
「だいじょうぶ、だいじょうぶ。」と八造は左手を振って返します。
「いま、お客様のお受験の学校選びをしているとこだ。きょうも2件行って来たよ。」
「えっ、それは私立の学校の下見に行くわけ?」と一美さん。

「いやいや、小学校卒業したら外国の学校に入れたいらしいから、寄宿舎付の学校を紹介する会社へ行った。」
「すごいね~、日本でもそういうところあるんだ。」
「それが何社もあるんだよ。日本の私立大学より学費高いけどなあ。いわゆる英才教育ってやつだ。」
 八造は今までの経験を生かした新しい仕事にやりがいを見出しているようです。
 一美さんは「お父さん、ありがとう」と就職先を紹介してくれた父親に心の中で礼を述べました。

 八造が何とか次の缶を自粛し、夕食を食べ終わって一息ついている頃を見計らって、
「実は、私も報告することがあるんだ。今日、北千住に行くって言ったでしょ。」と一美さんが切り出します。
「ああ、買物に行ったんだよな。似合う服でもあったのか?」
「違うの。本当はね、お家の相談に行って来たのよ。ファイナンシャル・プランナーさんに会ってきたの。」と、八造の反応を待ちます。

「へえ、良く一人で行ったなあ。それで何と言われたの?」
「うん、予算は厳しいと言われたけど、生命保険とかの家計見直しすればもう少し余裕がでるって。」
「見直しはいいけど、無理はしないでおこうな。ここに結婚して35年住んでるんだから。」
「4階に上がるのがキツクなったら考えたらいいよ。」と、あまり乗り気でない返事です。
「まっ、どうしてもというなら2世帯でもいいけど、一八(かずや)にこの近くで分譲マンション買わせて、頭金を援助してもいいんじゃないか。」 

 その後、一美さんはFPに相談した内容と不動産会社の営業員から受けたアドバイスなどを八造に聞かせるんでした。

解説

FP(ファイナンシャル・プランナー)とPB(プライベートバンカー)の役割・顧客層とその子息のための寄宿舎学校について学びましょう。

FPとPBの役割と顧客層

早期留学と海外寄宿舎付学校(Boarding School)