16.不動産研修

JR大阪駅

 ファミリーオフィス銀座の新入社員坂元八造と金田俊哉の二人は、JR東京駅からのぞみの普通車指定席に乗車して西に向かっています。昨日、伊勢所長から関西出張と不動産調査の実地研修を告げられたのです。

「坂元さん、留学先探すの決まったんですか。」と3人掛けシートの真ん中の席に深々と座り右足を左足の上に組んだ状態で、スマートフォンで株価情報を確認しながら金田が聞きます。
「ああ、将来アイビーリーグの大学に入れたいとの希望だったので、アメリカのボーディング・スクールに留学することになった。」と、前の席に付いたテーブルにペットボトルのお茶を乗せ、窓側の席で景色を眺めていた坂元が顔を向けて答えます。

「金田くんは運用の相談だったっけ。」
「いえ、一般的な話として教育資金贈与で1,500万円まで非課税だし、暦年贈与で年間110万円までなら非課税に贈与できるということを説明しただけです。もし日本で進学するのなら、ジュニアNISA口座に入れて株式投資する方法もありますと話しました。」
 二人は最初に同じ富裕層の顧客の後継者の教育課題と相続対策の課題を担当したのです。

「窓側の席取って悪かったな。」と坂元。
「坂元さん知らないんですか。3人掛けの真ん中の席が一番広いんですよ。」と金田が笑って手で席の幅を示しました。

 東京駅で買った弁当を食べているうちに、2時間半でのぞみはJR新大阪駅に到着しました。 ここから福知山線に乗り換えるのが近道ですが、所長の指示で普通電車で1駅の大阪駅まで出て、阪急線に乗り換えるように言われています。

「うわ、すごいな。こんなに変わったんだ。未来都市みたいだ。」と、JR大阪駅のカーブを描いた片流れの巨大な天井を見上げて坂元は思わず大声を上げました。
「坂元さん、田舎者みたいですよ。」と、金田が周りを見渡し誰にも聞かれていなかったか気にしています。彼は証券マン時代は月に何度も行き来していました。
「でもすごいぞ。ああ、北側は何もなかったのにすごいビルばかりだ。」と、坂元は感動しています。JR大阪駅の北側は再開発でグランフロント大阪とヨドバシカメラの旗艦店が建っていたのです。

 金田が誘導して徒歩5分で阪急梅田駅に来ました。1階に紀伊國屋書店梅田店が入り、日に100万人が通行するというイベント広場は東芝製の縦2.59m横11.94mのフルカラーLEDモニタービジョン「BIGMAN」があり、渋谷のハチ公前の様な待ち合わせ場所になっています。エスカレーターで2階に上がり、改札口を通ります。梅田駅は始発駅で、神戸方面、宝塚方面、京都方面へ各ホームから阪急マルーンと言われるチョコレート色に近い色で統一された阪急電車が発車しています。二人は宝塚線の「急行宝塚行き」に乗車しました。

「ええと、宝塚駅で不動産屋と合流したら良かったんだな。所長は名前を何と言ったっけ。」と席に座り社内に吊り下げられた広告を見上げながら坂元が聞きます。
「深田さんですよ。その人が指導するって言われてます。」
「先ずは、土地価格の相場を確認して、それから開発計画があるか調べるんですよ。」
阪急電車は遅れもなく38分で終点の宝塚駅に到着しました。

解説

 ご子息の進学先としてアメリカを代表するアイビーリーグと未成年者への資産譲渡手段

について学びましょう。

 アイビーリーグ

 未成年者への生前贈与