18.成約事例

「先ず、これは成約事例じゃ。」と、深田は紙束のうちの一枚の紙を取って二人の前に置きました。
「現在東有馬町での土地の売れた事例じゃよ。」
と、差し出された紙には「物件検索結果一覧(成約)」のタイトルの付いた一覧表が書かれています。そこには全部で4件の土地の詳細が記載されていました。

「このひとつ目の売地やが、現況更地と書いてあるやろ。隣に成約価格と面積、坪単価、㎡単価や。そして宅地とある。」と指を指して説明しています。

 確かに、売宅地で更地、成約価格400万円、土地面積151.03㎡、坪単価8.7万円、㎡単価2.6万円とあります。
「つまり、上に何も建っていない宅地が、畳2帖の大きさ当り8.7万円で売れたっちゅうことなんや。安いと思わんか。」と、深田はわかってるかという顔つきで、二人をじろっと見ました。

「ほんでや、ちょっと右端を見てみ。成約年月日と書いてあるやろ。」と指でとんとんと紙を叩きます。
「ええか、2013年12月1日に成約となっとる。この時点の坪単価が8.7万円なんやで。こうやって、いつ時点でいくらで売れたかを比較していくんや。」

「あの~、坪単価っていうのが私らにはちょっと耳慣れないもので。」と坂元が困った顔で言います。
「そやな、素人は1坪を3.3㎡と思っといたらええわ。プロは0.3025で計算するけどな。」
「はあ、3.3平方メートル、ですか。」
「それが畳2帖なんですか。」と、坂元はさらに聞きます。
「畳を縦1.82m、横0.91mと考えると、2帖なら縦横ともに1.82mや。1.82×1.82=3.3124やけど、約3.3㎡と考える。」

「なんだ、結構アバウトなんだ。」と、退屈そうにしていた金田が初めて口を挟みました。

「あと、用途地域が「二住」とあるな。これは「第二種住居地域」のことで、用途地域ごとにどんな建物が建てていいのか建築基準法で決まっておる。もしここが空欄で、都市計画の欄に「調整」と書かれてたら、「市街化調整区域」のことで原則建築不可となるから注意が必要や。」と、深田はどんどん説明を進めます。

「細かいことまで全部説明はでけんけど、だいたい分かったか。」と言いつつ、深田はその後残り3件の説明もしっかりしました。

解説

不動産の広さの単位と開発規制について学びましょう。

不動産の単位と開発規制