20.神戸市役所での調査

神戸市役所

 宝塚ホテルを出発してJR三ノ宮駅に来るまでに何十台の後続車に道を譲ってきたでしょう。金田は一生分道を譲った気分ですが、べレットは奇跡的に故障することなく駅高架をくぐり、フラワーロードを南へ、神戸市役所に到達した時には午後4時30分になろうとしていました。

「はよせんか。閉まっちまうぞ。」と、南隣の東遊園地の市立の地下駐車場で深田が二人をせかします。
「ちょっと待ってくださいよ。」と、情けない声を出す金田。慣れない車のクラッチ操作で左足がつりそうで、坂元に腕を支えてもらって深田を追いかけます。

 三人は、神戸市役所2号館4階の住宅都市局計画部計画課窓口に来ました。ここには「都市計画情報案内システム」(ゆーまっぷ)が設置されており、モニター画面を見ながら操作して都市計画の決定事項等や制限の有無を画面上で確認し、カラーで印刷できるのです。

「ホンマなら神戸地方法務局北出張所で登記記録や地図等を取得してからこちらへまわるんやが、今回は具体的な物件を決めての調査やないさかい、東有馬町の用途地域等の確認をしておくに留めて置く。」と、100円を入れてプリントアウトすると、深田はさっさと階段を下りて行きます。二人は慌てて追いかけます。

 2号館3階の建設局防災部宅地開発指導課の窓口で、三人は現在東有馬町で開発申請や事前協議がされていないことを確認して「神戸市開発指導要綱」をもらい、道路課でも開発道路の相談等もないことを確認した時にはすでに5時になっていました。

「明日、もう二~三箇所調べたいところがあるが午前中は用事があるさかい、三ノ宮駅の東口のロータリーに13時に来てや。今日はこれで解散や。」と、市役所ロビーで印刷した都市計画制限の用紙と開発指導要綱を坂元に手渡して、深田はさっさと駐車場へと歩いていきました。

「ええ、ここで解散か。泊まりは有馬温泉だったよな。」と、疲れ切った様子の坂元はロビーのベンチに座って動きたくない様子です。足のつりがおさまった金田もさすがにぐったりしています。

「新開地に出て、神戸電鉄に乗り換えて有馬温泉駅に行くか、いっそここからタクシーで行くかですね。5,000円で足りるかなあ。」と、行き方をスマートフォンで調べていた金田が返します。

「いやー、タクシーはだめだよ。電車で行こう。たぶん、所長は三宮方面から有馬へ行く公共交通機関の行程を体感させようと考えられてる、と思う。」と、疲れた顔にニッコリ笑いを浮かべて金田に言い、二人は立ち上がりました。今夜は有馬温泉の金泉と銀泉が二人の疲れを取ってくれることでしょう。

解説

 不動産の物件調査方法を学びましょう。

 不動産の物件調査方法