22.有馬焼窯元清和

しぶがき銀行行員のイメージ

 翌朝、坂元八造は寝たままの金田を置いて朝風呂を浴びました。部屋に戻るとちょうど起きたところで、二人で食事処で和食の朝食を摂りました。二人共昨日の話は忘れたようにしています。そして、出発まで一時間ほどあるので、坂元は一人で外出をしました。ひんやりとした空気が少し肌寒く感じられます。

 本当は仕事で有馬に来たのでそんな時間も取れないと思っていたのですが、先日お嫁さんが帰省する際、息子の一八(かずや)も同伴して宿泊したご実家の有馬焼窯元が目と鼻の先にあるのですから、やはり挨拶もせずに素通りはできないと思いました。

 宿の「湯治坊」から西へ徒歩で10分もかからないところに宝冠寺公園の入口が見えました。公園の木々は朝露に濡れていますが、紅葉になりかけています。横を流れる六甲北川の清流の音が気持ちよいです。その公園とつながるように三階建の大きな工房が建っていて、大きな看板の「皇室献上陶器 有馬焼窯元清和」が目を引きます。その一階の店舗のシャッターは開いていますが、まだ開店はしていないようです。

 ガラスの両開きの自動ドアは開きましたので、「ごめんください。」と坂元は奥に向かって声をかけましたが、誰も出てきません。もう一度、少し大きな声で「ごめんください。坂元でございます。」と呼び掛け、しばらく待ってみても返事はありません。

「あれえ、留守か。でも開けっ放しで物騒だぞ。」と、思っているうちに、車体ドアに「有馬焼」と書かれた白色の軽バン車が近づいてきて店舗の前で止まり、運転席から丸い奥さんが出てきました。

「まあ、坂元さんじゃないですか!」と、奥さんは驚いています。あいかわらず大きな声です。
「結婚式以来ですね。ご無沙汰しております。」と、坂元。
「すみません、いま主人を駅まで送っていたものですから。」と、奥さんは坂元を店舗内に招き入れイスを持ってきて勧めます。
「いえいえ、お構いなく。ちょうど仕事で有馬に来ましたので、ご挨拶だけでもと思いまして。」と、坂元は昨日三ノ宮で買った風月堂のゴーフルを差し出しました。

 さて、時間を少し遡ると、昨日のお昼頃、坂元と金田が宝塚ホテルで深田にレインズ物件資料の説明を受けていた時、有馬焼窯元では三代目清和こと川西達郎が、メインバンクのしぶがき銀行から短期借入金の元本返済期限の延長(契約更新)を渋る電話を受け、受話器を握る左手を震わせ顔を真っ赤にして怒鳴っていました。担当の銀行員が営業に来た際、運転資金の追加融資を頼んだところが断られ、さらに既融資分の引き上げにかかっているのです。

 昨年娘さんの結婚で現金が必要になった時、会社が川西達郎個人から借りている借入金を返済するのをしぶがきの担当者が止めたので、無理に個人の定期預金を解約したのが良くなかったのかもしれません。
そんなことがあり、今朝奥さんに駅まで送ってもらって、川西達郎はしぶがき銀行に向かったのでした。

解説

 同族会社の短期借入金について学びましょう。

 短期借入金