6.不動産コンサルタント

大阪・中之島

 大阪市北区と中央区の境、堂島川と土佐堀川に挟まれた中之島には中央公会堂、大阪市役所、日本銀行、リーガロイヤルホテル、大阪国際会議場と大阪の心臓部を担うと言われるビルが並んでいます。
 その中の高層集合オフィスビル内の自社応接室で、西川は訪問客と向き合って座っていました。原則として初めての顧客に西川が直接会うことはないのですが、得意先の役員からの紹介であり、多額の手数料収入も見込めそうだったので会うことにしたのです。

「するとこの温泉地にショッピングセンターを建設したいということですか。」
「そうです。有名ブランドショップと総合スーパー、それにアミューズメント施設を点在させます。エリアには温泉施設がありますから、相乗効果が得られると思います。」
「確かに、保養地としては良いが近隣にそのような施設はありませんな。いや、車で30分ほど北に行ったところにアウトレットの施設がありますか。それとは競合するでしょう。」
「いえ、こちらの東方向の駅までの間にシャトルバスを走らすことを考えています。約20分ほどで行けますし、駅前にはこれがありますから。」
 顧客が指で示す地図上の施設と温泉地が結びつきました。

 顧客が帰ったあと、デスクチェアに座って西川はあらゆる可能性を考えてみました。
「確かに面白い、しかし難しい。」
 クリアしなければならない問題はかなり多く交渉は困難であろうと予想されましたが、チェアから立ち上がったときには心は決まっていました。
「俺にもツキが回ってきたかもしれない。」

 西川は今は不動産コンサルタントと総合不動産投資顧問業を営んでいます。年齢は50を少しまわったところです。これまで積極的にメディアにも露出して宣伝し、業界内でもかなり名の知られた存在となっています。顧客に助言だけでなく、投資一任契約を結びJ-REITで資産運用しており業績は上々です。しかし彼の向上心、いや野心はまだまだ上を目指しています。それには多少のリスクはいとわないと思っています。

解説

 純金融資産保有額による富裕層の特徴とオールドマネーとニューマネーについて学びましょう。

純金融資産 富裕層 | 資産承継プランの見直しと保全管理