8.長女の里帰り

長女

 東有馬町の有馬焼工房の最上階の3階の川西達郎宅には、昨年東京に嫁いだ窯元の娘さんが夫と里帰りしています。8畳と6畳の続き間の和室には主人以外がテーブルを囲んで座っています。座布団にも「有馬焼」の文字が染め抜かれています。

「お母ちゃん、それ危ないとこやったやん。お父ちゃんに相談せんと銀行行くからやで。」と、娘の佐紀さんが言います。テーブルの上には、玉露を注いだ有馬焼の湯飲みと持参したお土産の人形焼きの箱が蓋を開けて置かれています。
「この湯飲み、焼きがちょっと甘いんちゃう。」とまで言います。

「そんなん言うたかて。俊夫のことやからほんまやと思ったんやわ。」と、まるで自分の責任ではないといいたげに奥さんは答えます。
「あっ、一八(かずや)さん、足崩してゆっくりしてよ。」と娘の旦那さんに気を遣います。

「わたしがおらへんかったら、ほんまあかんねえ。」と、若奥さんは上から目線です。
 その隣で一八(かずや)さんは申し訳なさそうに正座を崩さずにいます。

「それにお母ちゃん、俊夫はもう社会人やねんで。何でこづかいを送金するのよ。」
「それはお父ちゃんに内緒やで。機嫌悪くなるから。」と、大きな地声で話すものですから、仕事の手を休めて娘の顔を見に階段を上がってきた主人にまる聞こえです。

「何や、俊夫にまだ金送っとんか!」と、窯元はとたんに機嫌が悪くなりました。
 チラリと一八さんを見てバツが悪そうに、「ああ、悪いな一八くん、しょうもない話聞かせて。ゆっくりして下さいな。」とニッコリし、また奥さんの方を向いた。

「ええか、もう送ったらあかんで。何のために外の会社で修行させてると思てんねん。」と、こんな調子ではいつまでたっても俊夫に後を継がせるわけにはいかないと川西達郎は頭を抱えるのでした。

解説

 事業後継者の育成方法、外部育成と内部育成の良い点と危険性について学びましょう。

後継者育成 | 外部育成と内部育成のメリット・デメリット