9.ファイナンシャル・プランナーへの相談

FPのイメージ

 暗い顔でパジャマのまま一日中テレビを見ていた坂元八造の顔に活気が戻り、毎朝遅れてはいけないと始発で出勤するようになって、奥さんはようやく暖めていた計画を実行することにしました。

「八造さん、わたし今日は北千住まで行ってくるわね。」と、朝に玄関で伝えます。
「なんだ、買い物か?」
「うん、そんなところ。」
と、含みをもたせた笑みを浮かべますが、もともと鈍い八造が気づくわけがありません。

 奥さんは主人を見送った後、久しぶりにお気に入りのワンピースに着替えてお化粧をして、鏡の中の自分をじっと見つめました。中学校に赴任した頃は美人の保健教諭と父兄の話題になりましたが、優しい性格で男子生徒のみならず女子生徒もお姉さんのように慕ってよく保健室に来ました。今でも年齢よりは10歳ほど若く見られますが、鏡の中の自分はやっぱり年相応ねと思いました。

 さて、奥さんはJR常磐線「北千住」駅のLUMINE(ルミネ)に来ました。買い物が目的ではなく、相談にきたのです。

 実は住宅情報サイトに物件を掲載している不動産会社が、無料のファイナンシャル・プランナー相談会をLUMINEでするというので、メールで予約していたのです。定年退職後に時間ができた奥さんは、夢の2世帯住宅を建てるべく色々と調べてきました。当初から山手線の内側はとても無理とは思っていたのですが、その周辺の地域でも予定していた予算ではかなり厳しいということがわかり、資金相談のためファイナンシャル・プランナーにアドバイスをしてもらおうと考えたのです。

 空き店舗を期間中だけ借りた相談会場には「住宅相談会実施中」ののぼりが何本も立てられています。仮設のカウンターが4つのブースに仕切られていますが、一番奥のブースに「FP池田」と書かれた札が掛けてありました。奥さんはそのブースに座っている女性に声をかけました。

 ひとり30分以内の相談でしたが、平日のお昼間で他に相談客がいなかったため、ファイナンシャル・プランナーの池田さんは延長して相談に乗ってくれました。奥さんにとって心配だった共済年金と厚生年金の年金額の差についても説明してもらって安心したのでした。

解説

 FP(ファイナンシャル・プランナー)の仕事、ライフデザインからライフプランの組み立てまでと、公務員共済組合の年金一元化について学びましょう。

ファイナンシャル・プランナー(FP)

公的年金制度の基礎知識