外国語修得の将来

2021年9月21日

外国語修得

 バベルの塔の建設を妨げるために、神は言語をバラバラにし、人々は全ての地に散らばったと旧約聖書創世記第11章に記載されています。太古から言語の壁は高かったのです。

 また、エスペラント語など、統一言語を生み出そうという動きは成功しているとは言えません。英語がそれに近いのですが、それでも日本国内で英語を日常生活で聞き話せる方は限られています。

 そのため、富裕層では子息を早期留学させて、外国語を堪能にさせようと考える方もおられます。もちろん、この早期留学には世界の富裕層との交流で人脈をつくる目的もあります。ただ、親元を離れて一人で寮生活を送るのは最初は言葉の壁が高く、なじめないと悩む危険性もあるのです。

 外国語修得の将来は翻訳機の進化が大きく関係してくるでしょう。AIが翻訳機を飛躍的に発展させると期待されます。