ライフイベント表

2020年9月24日

年代別ライフスタイル

 ライフイベント表は、ご自身と家族のイベントを時系列的に表にあらわしたものです。そのイベントは個人の意志に関係なく訪れるものと、個人の意志により選択されるものとがあります。そして、これらのイベントに必要な将来の支出をあらかじめ見積もっておくのです。

 ライフイベント表を作成することで、ご自身と家族の将来像を具体的にプランニングすることが可能となってきます。なお、この表で予定される支出については、現在価値で予算を盛り込みましょう。

0~9歳

(幼少期)

親の保護下にある時期

  • イベント(初七日、七五三、幼稚園(保育園)入学・卒業、小学校入学)
  • 支出(おけいこ事、私立学校入学費)
  • 保障・補償(学資保険、個人賠償責任保険)
10代

(少年期)

親の保護下から自立に向かう時期

  • イベント(小学校卒業、中学校入学・卒業、高校入学・卒業、大学入学、就職)
  • イベント(留学、スポーツクラブ、塾・予備校、結婚)
  • 支出(特に教育資金)
  • 保障・補償(学資保険、個人賠償責任保険)
20代

(自立期)

自立期、就職してキャリアを積む時期

  • イベント(大学卒業、大学院入学・卒業、就職、結婚、出産)
  • 収入(給料、個人事業収入)
  • 支出(海外旅行などレジャー費用、車費用、結婚の準備貯金)
  • 保障・補償(医療保険、個人賠償責任保険、死亡保障)
30代

(青年期)

家族形成期、キャリアアップを図る時期

  • イベント(結婚、出産、住宅購入、転職、退職、独立)
  • 収入(給料、個人事業収入)
  • 支出(子供の教育資金、家族旅行、住宅購入貯金、住宅ローン返済、開業資金)
  • 保障・補償(医療保険、個人賠償責任保険、死亡保障(金額増額))
40代

(中年期)

家族成長期、介護・老後準備スタート期

  • イベント(子供入試、住宅買換え、転職、退職、独立、親介護)
  • 収入(給料、個人事業収入)
  • 支出(子供の教育資金増大、家族旅行、住宅ローン返済、開業資金、介護費用、老後資金)
  • 保障・補償(医療保険、個人賠償責任保険、死亡保障、年金保険)
50代

(壮年期)

家族独立期、介護・老後準備期

  • イベント(子供独立・結婚、転職、退職、独立、親介護)
  • 収入(給料、個人事業収入、退職金)
  • 支出(子供の結婚・住宅購入援助、家族旅行、住宅ローン返済、開業資金、介護費用、老後資金)
  • 保障・補償(医療保険、個人賠償責任保険、死亡保険(減額)、年金保険、介護保障保険)
60代

(老年初期)

リタイア期、相続準備期

  • イベント(孫誕生、定年退職、再就職、独立、親介護)
  • 収入(国民年金、厚生年金受給開始)
  • 支出(孫祝い・子供住宅購入援助、夫婦旅行、住宅ローン返済(完済)、開業資金、介護費用、老後資金、相続税対策)
  • 保障・補償(医療保険、個人賠償責任保険、(少額)死亡保険、介護保障保険)
70代

(老年期)

ライフワーク期

  • イベント(後期高齢者、相続準備、要介護)
  • 収入(国民年金、厚生年金)
  • 支出(相続税対策、長寿資金、入院費用)
  • 保障・補償(医療保険、個人賠償責任保険、(少額)死亡保険、介護保障保険)
80代

(老年後期)

長寿期

  • イベント(相続準備、要介護)
  • 収入(国民年金、厚生年金)
  • 支出(相続税対策、長寿資金、入院費用、葬儀費用)
  • 保障・補償(医療保険、個人賠償責任保険、(少額)死亡保険、介護保障保険)

ライフイベント表の作成

特定非営利活動法人(NPO法人)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会は、その目的の一つとして、広く一般市民に向けてファイナンシャル・プランニングの啓発と普及を図ることを掲げています。

そして家計をチェックできる便利なツールとして、家計の収支確認表(家計の損益計算書)、家計のバランスシート(家計の貸借対照表)、将来のライフイベント表、家計のキャッシュフロー表を、PDFファイル又はExcelファイルで提供しています。ここからライフイベント表を入手して、作成してみましょう。それが第一歩です。

「日本FP協会」はこちら。

FP試験対策

ライフプランを作成するうえで、ライフイベント表とキャッシュフロー表は必須のものですが、試験対策ではキャッシュフロー表の方が頻出ですので、ライフイベント表については基礎知識を習得しておきましょう。

FP通勤講座

3級から目指すならこちら。
忙しい方でも通勤・通学時のスキマ時間で学べる、スマホ・タブレット・PC対応のオンライン資格講座です。
特徴は、テレビ番組のようなわかりやすいビデオ講座・音声講座と要点まとめシート、テキストでインプットし、問題集でアウトプットできることです。
現在、3級と2級合格コースを開講しています。お得なセットコースもあります。

ファイナンシャルプランナー

フォーサイト・FP通信講座

2級とAFPを目指すならこちらの講座。
5色のフルカラーテキストで楽しく学習し、重要事項が視覚的に把握でき、暗記しやすいです。
テキストに沿ったハイビジョン講義で、自宅にいながらマンツーマン講義を受けているようです。
機能的過去問題集では、時間内に解答できるスピード力と問題を見極め正確に解く力を鍛えることができます。
e-ラーニングシステムでスキマ時間の活用もできます。教育訓練給付制度の対象講座もあります。