老齢年金の受給開始時期の損得

年金手帳とねんきん定期便

老齢基礎年金(国民年金)の受給開始時期

 国民年金(老齢基礎年金)は受給資格期間(年金保険料納付済期間と免除期間の合計期間)が10年以上ある方が65歳より受給できます。全期間40年間年金保険料を納付された方は65歳から年金を満額受給できますが、令和3年4月からの年金額(満額)は 780,900円です。受給開始時期は選ぶことができます。

繰上げ受給

 60歳まで支給開始を早める繰上げ受給の選択が可能です。この場合65歳から国民年金を受給開始した場合の支給額に比べて1ヶ月毎に0.5%減額されます。これにより、60歳支給開始の場合の支給額は、65歳支給開始時の支給額の30%減額されたものが一生続くことになります。例えば65歳から月6.50万円受給できる方が60歳に繰上げた場合は月4.55万円受給となるのです。

 なお、2022年4月1日以降に60歳になる方は、減額が1ヶ月毎に0.4%となる予定です。これにより、60歳支給開始の場合の支給額は、65歳支給開始時の支給額の24%減額されたものが一生続くことになります。

繰下げ受給

 70歳まで支給開始を遅らせる繰下げ受給の選択が可能です。これは65歳から国民年金を受給開始した場合の支給額に比べて1ヶ月毎に0.7%増額されます。これにより、70歳支給開始の場合の支給額は、65歳支給開始時の支給額の42%増額されたものが一生続くことになります。例えば65歳から月6.50万円受給できる方が70歳に繰下げた場合は月9.23万円受給となるのです。

 なお、2022年4月1日以降に70歳になる方は、増額は1ヶ月毎0.7%のままですが75歳まで繰下げることが可能となる予定です。これにより、75歳支給開始の場合の支給額は、65歳支給開始時の支給額の84%増額されたものが一生続くことになります。