純金融資産がマイナスの個人ができるだけ早くプラスに転じることができるために、債務整理の方法についてご説明いたしましょう。
 個人の債務整理と法人の債務整理はその方法が異なります。但し、実務上は同時進行させていくことになります。
 また、所有不動産がある場合には原則として売却処分をして、代金を返済に充てることが必要となります。
 個人が債務整理をした場合、いわゆるブラックリストに一定期間の掲載がされ、借入等ができなくなります。

債務整理の知識

マス層で純金融資産がマイナスの個人の債務整理の知識を提供します。

債務整理の知識

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)のおすすめ弁護士・司法書士事務所です。