小説・第ニ話 AGIボナパルト

アバヤを着た女性

「しかしえがった、ええ女だっただがや。」と蛸酢一杯(たこすいっぱい)は頬を緩ませ大きなため息をつきました。

 医療法人天鯱会の理事会の真っ最中ですが、一杯は招待されたドバイのパーティーで見た女性のことが頭か ...