相続税と起業後の確定申告 | 相続税・所得税・法人税等の相談先

2020年11月14日

 納税に悩むとき、税の相談は税理士以外にはできません。税理士又は税理士法人でない者は、税理士法に別段の定めがある場合を除くほかは、税理士業務を行つてはならない(税理士法第52条)のです。これは有償・無償を問わず税理士以外が個別税務相談を受けられないことを意味します。しかし、自分の必要に合った税理士に出会えないまま、現在に不満を抱いていないですか。そんなあなたの力になる税務相談先3選です。

Contents

相続時に必要な税の申告は

墓参

 相続時には、所得税と相続税の確定申告が必要な場合があります。

所得税の準確定申告期限

 亡くなった方(被相続人)でも昨年度の所得があれば、所得税の確定申告をしないといけません。といっても本人はできませんので、相続人が、1月1日から死亡した日までの確定した所得金額及び税額を計算して、相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内に申告と納税をしなければなりません。これを準確定申告といいます。

 もし、所得のあった翌年1月1日から3月15日までに亡くなった場合は、2年分の確定申告を相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内にして、納税しないといけないのです。

 また、相続人が2人以上いる場合には、確定申告書に連署することが必要となります。

相続税の申告期限

 準確定申告は、相続人に経理の知識があれば何とか自身ですることもできますが、相続税の申告はかなり難しいですから、税理士にお任せされるのが良いですね。

 相続税が課税されるのは、課税価格の合計額(遺産総額)から基礎控除額(3,000万円+600万円×法定相続人の数)を引いてプラスになる場合です。

 例えば、課税価格の合計額が1億円で、法定相続人が5人の場合は、基礎控除額が 3,000万円+600万円×5人=6,000万円ですから、1億円-6,000万円=4,000万円が課税遺産総額となり、相続税額が算出されるのです。

相続税申告までの流れは

  1. 相続人の確認
  2. 遺言書の有無の確認
  3. 遺産と債務の確認
  4. 遺産の評価
  5. 遺産の分割
  6. 申告と納税

となります。

 遺産の分割までは弁護士又は司法書士、相続税の申告は経験豊富な税理士にお任せされるのがよろしいです。特に相続人が複数の場合は、意見の調整など当事者では難しい部分もございます。

 相続税の申告と納税は、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内に行うことになっています。納税は金銭で納めるのが原則です。これも相続人間で遺産分割協議が無事に終わらないと相続税の申告ができないのです。

 詳しくは、「相続手続きの流れ」をご覧ください。

相続に経験豊富な税理士は

 全国で税理士の登録者数は 73,650人(平成29年2月末日現在、日本税理士連合会サイトより)ですが、相続税申告が必要である被相続人数は103,043人(平成27年分、国税庁発表)と、税理士1人当り約1.4件しかありません。

 しかも、相続税がかかるような相続案件は都市部に多いので、相続税申告の経験の乏しい税理士もおられるのです。ですから、顧問の税理士が相続税申告の経験が少ない場合はスムーズに進むかどうかも心配です。万一受けられるはずの控除や特例を申告しないで、納税金額が増えてしまったら大変です。

起業時の税相談や確定申告は

税務署

 起業時に個人事業で青色申告を選択して、複式簿記で帳簿する場合について説明しましょう。

新規開業時の税の手続き(税務署)

  1. 開業届(個人事業の開廃業等の届出書)
  2. 所得税の青色申告承認申請書
  3. 青色事業専従者給与に関する届出書
  4. 源泉徴収税の納期を年2回にする届出書
  5. 所得税のたな卸資産の評価方法届出
  6. 減価償却資産の償却方法の届出書

などが必要となります。

確定申告時の提出書類(税務署)

  1. 所得税青色申告決算書(損益計算書、貸借対照表)
  2. 所得税の確定申告書

を期限内(翌年の2月15日~3月15日)に申告・納税が必要です。

 さらに、消費税課税事業者を選択した場合は、消費税の申告書も提出する必要があります。

 開業して事業を軌道に乗せるまでが大変なのに、これだけの手続きをしないといけないのです。といっても、税務署以外の役所の申請もあります。

 経営者には特に税についての相談者が必要なのです。でも、相談しやすい税理士を探すのも大変ですし、費用も心配ですね。

税理士選びが難しい点

  1. 身近に税理士を知る人がいない。
  2. 税理士を知る情報が乏しく、ホームページで探すだけ。
  3. ホームページが簡潔すぎて何を専門とされているか分からない。
  4. ホームページに料金が詳しく書かれていないので不安。
  5. ホームページもない税理士事務所もある。
  6. 会ってみないとどんな税理士かも分からない。
  7. 質問や細かく依頼したら、嫌がったり怒られないか不安。
  8. 何が得意な税理士か分からない。
  9. 自分の職業の申告に経験があるか分からない。
  10. 料金のうちでどこまでしてくれるか分からない。
  11. 問い合わせると、依頼するのを断りにくい。

など、自分に合った税理士を自分一人で探すのは大変なのです。

税理士紹介エージェント

税務相談

税理士紹介サービスとは

 税理士の社会的使命は、公平な税負担により、住みやすい豊かな暮らしを守ることです。その報酬は、ご依頼者(委嘱者)のご依頼(委嘱)の範囲により、税理士(又は税理士法人)が自由な意思のもと自己責任と説明責任に基づいて報酬を算定しています。

 このような公共的・社会的使命がありますから、ホームページ等での大々的な宣伝や目を引くような報酬の値引きなどはされません。その反面、一般の方には内容が分かりにくいのです。

 税理士紹介サービスは、登録している税理士をお客様に無料で紹介するサービスです。お客様にとって紹介を受けた税理士が自分のニーズに合っているかは、やはり実際に会って話すまで分かりません。しかし、紹介サービス会社は先にニーズに近い税理士を選択してご紹介していますので、例えばご自身の職業の決算の経験がある又はその職業に理解のある等の税理士に出会う確率は自分で探すより上がるはずです。

税理士紹介エージェント

 税理士紹介エージェントでは、銀行、外資系金融機関、保険業界出身の経験豊富な専任コンサルタントが、入念にヒアリングさせて頂いた上で、登録されている税理士の中から、相続税申告や起業の確定申告にあなたに合った税理士をご紹介しています。

 このような場合、

  • 税理士の変更を考えている方(不満がある、顧問料を下げたい)
  • 事業を始めたばかりの方、これから事業を始められる方
  • 節税や決算対策を考えている方
  • 相続の事前対策、相続税の申告をお願いしたい方
  • 税理士の料金について事前に納得の上でご依頼したい方

などの方はご相談してみてはいかがでしょう。

 登録税理士は、税理士紹介エージェントにのみ登録しているという方が多く、

  • 大手税理士法人から独立した実力のある税理士
  • 相続専門の税理士

などニーズ別に最適で優秀な税理士をご紹介しております。

 そのメリットは、

  1. 税理士の細かい条件も相談できる
  2. 税理士とのやり取りや交渉を行ってもらえる
  3. 中小企業様に強く、日本最大級の実績がある
  4. お急ぎのご相談にも迅速に対応
  5. 若手~ベテランまで多くのエージェントが揃っている

などがありますが、そのために「お客様最優先」という本質を見誤ることのないよう、登録前に税理士と全員面談することで、本当にお客様が求めている税理士をご紹介できるような体勢をとっているのです。

 紹介された税理士がどうしても合わなければ、再度紹介を受けることも出来ますし、自分で税理士に直接断るのに気が引ける方も紹介会社に伝えることができますので安心です。

実際に紹介を受けたお客様の成功事例と声

【成功事例】アパレル業(東京都、バッグ製造販売)

 経営相談だけでなく銀行対策までサポート頂けました。

【成功事例】産業廃棄物処理業(東京都)

 月次で経営状態が把握できるようになり、本業に集中できたため売上が1.5倍に。

【成功事例】製造業(埼玉県)

 36万円も顧問料が下がっても万全の経営サポートです。

【成功事例】個人(東京都)

 相続は信頼できる税理士がいるとやはり安心です。

【お客様の声】コンビニエンスストア(神奈川県横浜市中区)

 開業時の手続きのサポートから親身に対応していただけました。

税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント 税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント

税理士ドットコム

税務相談

 日本最大級の法律相談ポータルサイトである「弁護士ドットコム」株式会社が運営する税理士紹介サービスが「税理士ドットコム」です。

 プロのコーディネーターがあなたに最適な税理士を無料でご紹介いたします。また、税理士の報酬の相場や適正価格など、経験・実績豊富なプロが第三者目線でアドバイスします。そして、税理士との面談設定や相見積り・価格交渉など、ご契約までしっかりサポートいたします。

ポイント

  1. 完全無料でご利用いただけます
  2. 30,000件以上のご利用実績
  3. 全国2,300名以上の税理士ネットワーク

税理士ドットコムが選ばれる理由

全国2,300名以上の税理士ネットワーク

 税理士ドットコムには日本全国から2,300名以上の税理士が登録しています。お客様のご希望の地域や条件からあなたに最適な税理士をご紹介することができます。

ご納得いただくまで何人でも無料でご紹介

 ご利用に回数制限やご紹介人数の制限はなく、もちろん手数料などは完全無料でご利用いただけます。ご依頼から最短で当日のご紹介が可能ですので、お急ぎの方もまずはご相談ください。

サービス運営10年以上の豊富な経験と実績による安心のサポート

 税理士紹介サービスの運営を初めて10年以上、累計相談件数は約30,000件。10年の経験と圧倒的な実績があるプロのコーディネーターが、相談からご契約までしっかりサポートいたします。

報酬引き下げの実績も多数

 すでに税理士とご契約中の方もお気軽にご相談ください。コーディネーターが複数の税理士に相見積りをとり、費用についての交渉までサポートします。ご納得いただけない場合は、見積のお断りもコーディネーターが行います。税理士ドットコムをご利用いただいた方の 74.1%が税理士報酬を下げることができました。

約30,000件のご相談実績

顧問税理士の変更 【調査/リサーチ業】

 6名の税理士から見積りをいただき、納得いくまで紹介してもらえました。

初めての税理士探し 【ITサービス業】

 税務以外もお任せできるすばらしい税理士を紹介していただきました。

会社設立 【不動産業】

 会社設立したてでしたが、料金面でも誠実さでも最高の税理士をご紹介いただきました。

相続税申告 【個人】

 相続税の申告期限間際でしたが、相談したその日に紹介してもらえて助かりました。

経営サポート 美容室(サロン) 【個人事業主】

 売上管理など税務以外も任せられる誠実な税理士をご紹介いただきました。

相続用 事業主用