106万円の壁

平成28年10月1日より、従業員501人以上の企業で週20時間以上働き、1年以上勤務見込みで、月額賃金8万8千円以上に該当するパート、アルバイトなどの短時間労働者の方は、学生を除いて全て社会保険と厚生年金に強制加入となります。
年収に換算すると 1,056,000円以上となると、会社員の配偶者の扶養に入っていて自分で負担していなかった主婦などが、自分で社会保険と厚生年金に加入しなければならなくなり負担が増えて、実質手取り収入が減少する場合が発生するのです。
これまでは、このような壁を「130万円の壁」と呼んでいましたが、これが「106万円の壁」となり、該当する短時間労働者は約25万人にのぼります。
このため、勤務時間を減らして月額賃金が8万8千円未満になるように調整する方や従業員500人までの企業に転職する方も増加すると見込まれています。
詳しくは、「パートも社会保険や厚生年金に加入しないといけなくなるの?」(FP-PBアセットコンサルタント サイトより)をご覧下さい。