内閣総理大臣記者会見(平成28年6月1日)

平成28年6月1日、首相官邸にて安倍首相の記者会見が行われ、消費税率を10%へ引上げることについて下記のように述べました。
「2020年度の財政健全化目標はしっかりと堅持します。そのため、ぎりぎりのタイミングである2019年10月には消費税率を10%へ引き上げることとし、30か月延期することとします。その際に、軽減税率を導入いたします。」
今回の消費増税分は全て「保育の受け皿50万人分の確保、来年度までの達成に向け、約束どおり実施いたします。また、「介護離職ゼロ」に向けた介護の受け皿50万人分の整備も、スケジュールどおり確実に進めていきます。さらに、保育士、介護職員等の処遇改善など、一億総活躍プランに関する施策については、アベノミクスの果実の活用も含め、財源を確保して、優先して実施していく考えであります。」
アベノミクスの果実とは、「この3年半のアベノミクスによって、国、地方を合わせて税収は21兆円増加をしました。」とし、今後の税収増を果実として社会保障の財源に活用しようとの考えです。
首相会見の動画と全文はこちらをご覧下さい。
「安倍内閣総理大臣記者会見」(平成28年6月1日) 首相官邸