6. 地上の太陽

フランスで建設中の国際熱核融合実験炉ITER(イーター)

 公益財団法人みやこ財団での国土防衛会議は続きます。

「次に、多国籍犯罪企業WSSPの動向ですが、医療機器分野に触手をのばしていることが判明しました。」と榊理事長は述べ、伊勢信一郎を指名します。

 榊理事長と対面する特別会議室の出口側の末席で、伊勢信一郎はすっくと立ち上がりました。色白で彫りの深い端正な顔立ちで、黒髪をワックスできれいになでつけています。180センチ超のがっしりした体躯は堂々としており、スタイルを引き立たせるタイトなネイビーブルーの2つボタンスーツに濃いブルーのシャツ、ブラックのレジメンタルタイ、胸ポケットにホワイトのハンカチーフがとても華麗かつ上品です。

「ファミリーオフィス銀座代表の伊勢信一郎でございます。本年1月にドバイで中東最大の医療機器展示会アラブヘルス(Arab Health)が開催されましたが、特に注目を集めましたのが、フランス製の低侵襲(ていしんしゅう)手術支援ロボットでした。現在世界で最も普及しておりますのはアメリカ製低侵襲手術支援ロボット『レオナルド』ですが、このフランス製ロボットは『レオナルド』を上回る性能があるだけでなく、医療特化型AI(人工知能)を搭載しブロックチェーンネットワークを形成し、進化する低侵襲手術支援ロボットとして注目を集めたのです。その名称は、『ボナパルト』と発表されました。」

「多国籍犯罪企業 WSSPはファンドを組み、投資家の資金を募ってこの『ボナパルト』を世界中の医療機関に普及させようとしています。その日本での販売総代理店は株式会社宅安メディカルという法人ですが、一般社団法人日本名勝保護協会(JSSP)と関係の濃い宅安商事の子会社なのです。一般社団法人日本名勝保護協会(JSSP)はWSSPが日本で設立した社団法人であり、琵琶湖畔に続き有馬・六甲地域の国土と水源の買収に動いておりましたのを我々が阻止したばかりです。」と述べて、伊勢信一郎は特別会議室の馬蹄形式の会議テーブルに列席する内閣官房長官以下全員を見渡しました。

「詐欺ファンドというわけではないのかね。」と、万屋(よろずや)理事が左手を少し挙げながらフライング発言します。恰幅が良く堂々たる大社(おおやしろ)の神主は、列席者の中で榊理事長と2人だけ羽織り袴姿をしています。

「いえ、ファンドへの投資資金詐欺を目的としているわけではなさそうです。この『ボナパルト』を製造しているフランスの医療機器メーカー「マッドテックロボット(Madtech robot)」社はそれだけの技術的能力を有しております。もともと同社は原子炉内の高放射能下という過酷な環境での作業用ロボットを製造していたメーカーであり、その製造技術を応用し開発されたものが『ボナパルト』なのです。」

「その技術的能力は、フランス プロバンス地方サン・ポール・レ・デュランス(カダラッシュ地域)での核融合実験炉ANER(エーナー)計画で、作業用ロボットの設計・製作に携わっていたことで証明されます。ANER(エーナー)計画はEU、日本、アメリカなど7か国が参加しており、世界最先端技術の核融合炉を2025年に稼働させることを目指しています。」

「マッドテックロボット社は資本の大幅な増強に成功し、3人の新役員を迎入れています。資本についてはスイスの世界的証券・投資銀行フレディ・スミスからの調達ですが、ご存知のように同行は多国籍犯罪企業WSSPのマネー・ロンダリングを担っていると言われております。新役員については、1人は中国のノージジグループのノージジクラウドコンピューティングの統括技術者、もう1人はANER(エーナー)計画を先導していた核物理学者、最後の1人は中国の世界最速スーパーコンピューター神威・太湖之昔(しんい・たいこのむかし)の設計者です。そして、マッドテックロボット社は昨年突然ANER(エーナー)計画から脱退して『ボナパルト』開発を始めたのです。」

解説

 地球温暖化を進める二酸化炭素をほとんど発生せず、原理的にメルトダウンを起こさない原子炉・核融合炉について学びましょう。

 核融合実験炉ITER(イーター)計画